2007年1月19日 (金)

三ケ日 ロハス景観

Epsn2548ロハス気分を、あなたに。
冬真っ盛りの今、どこも鮮やかな色景色はなく、暗い沈んだ世界が広がっています。

でも、そんな中にパッと明るくなる場所が、この頃あちこちで見受けられる様になりました。都会ではなかなか出来ない事でしょうが、田舎の空間では、少し動けば出来る事が結構在る様です。

休耕田、冬は田んぼを休めていますので、稲の収穫が終われば種を蒔くけば、知らず知らず植物は成長しこんな綺麗な花を咲かせてくれます。見た目にも気分を明るくしてくれますし、側にいれば甘い香りがしてきます。多くのこんな場所では、適度な花摘みをオープンしてますから少し頂いて、お吸い物に添えて頂くのも心が明るくなります。

テーブルの上にガラスのコップに一輪でも飾れば、食卓も明るく変身します。そんな毎日を過ごすことに、あまり労力をかけないで長く続く方法を見つけたいと探しています。

庭でも開いている所に、なんでもかんでも種を蒔いて自然に大きく育つのを待ってみるのも良いかなと思って、春から少しやってみようと思案しています。

種ならば、そんなにコストがかからないし、ただ蒔くだけですから、、、、。

空から見る町中は、かなり空いている地面があるようです。みんなが少し蒔けば、、かなり町中の四季が変化する様な気がします。

計画したガーデンデザインより、なんとなく植物が生えて来た様な「ナチュラルガーデン」も素敵でしょうか。

この菜種の花もミツバチのエサになり、そして実が着き、菜種油に変わっていきます。

バイオ燃料の元にもなります。

植物の力をすこし見つめてみましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

雨の三ケ日みかんの里

12月に入り雨が多くなって来た様な気がする。
この雨によってみかんの木は疲れを癒されるだろうが、まだ「青島みかん」の収穫がまだの所のみかんは、果実がシュークリームの様に膨れあがってその商品価値を下げてしまうだろう。

暖冬が続く昨今だけど、今年はなおさら暖かい日が続く。日中のみかん畑での農作業では、Tシャツで十分な程の気温がある。地球温暖化の問題は、私たちの人生の短さからみてもここ数十年の皮膚感覚でみた「四季」の情緒が何となく薄れて来ている様な気がする。

歳をとったからかもしれないけど。

三ケ日みかんの里も、この初冬の雨の景色なんか何となく見ていると「ロハスライフ」してるかもしているかも、と思ってしまうほどいい所もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

三ケ日みかんの作柄

Img_4859今年の三ケ日みかんは、とても美味しく仕上がりました。
11月中旬で、もう完熟並の甘さになっています。秋になってから雨の少ない日が貢献したと言う事です。三ケ日町のみかん園では、今早生みかんの収穫が最盛期です。どんどん収穫しています。

が、今年は裏年なので、みかんのお値段は少し高いです。昨年が安過ぎたため気持ち的には高く感じられるかもしれませんが、果実の内容を考慮すれば美味しいみかんを購入した方がお得だと思います。

一箱買っても平均して美味しいので、当たり外れを心配しないでいい所が今年いいところです。

お歳暮ギフトみかんのご注文は、<三ケ日みかん狩り つづさき観光>まで。下のアドレスをクリックして下さい。

<浜名湖三ケ日みかん狩り つづさき観光>


三ケ日みかん | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

みかんロハスライフ

84fa0022浜名湖の傍に在るみかん山にある泉です。もう、こちらも秋の気配が漂って来ています。でも、ちょっと暑い日が続いています。

風もなく日差しもどんよりと畑を照らし、まだ夏の光景を見せています。みかんもまだ夏のみかんの様で,何となくのんびりしています。でも、日が暮れて夜になるとさずがに肌寒い温度まで下がり、もう窓を開けて本も読んでいることもなくなりました。でも、読書の秋で良いでしょう。こんな気分を味わえるのは、秋だけでしょうね。

月明かりの夜。明るい小道をのんびり散歩しながら、物思いに耽るのもこの時期の特典かな。

月がきれいだ。

明日も、きれいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)